専属執事バトン 

ぱんださんから頂きました~v
ありがとうございますッ!!(嬉々)
や、もう、このバトンを考えた方に拍手喝采です…!!感無量です…!

では行きます!

『専属執事バトン』
指定:洋パパ

お絵描き機能で描いたのでこの出来ですがご容赦…!!

・朝目覚めると洋パパが耳元で起こしてくれた模様。
「おはようございますお嬢様、朝でございます。お目覚めくださいませ…」
…と、紳士にお声がけしてくれそう。

・洋パパが着替えを手伝ってくれるそうです。
「いえっ、すぐに女中を呼んで参りますのでお待ちください…っ」
…とか言いながら真っ赤になって退室…という反応をむしろ希望(笑。ていうか、女中までいるんかい)

・今日は洋パパと買い物。どちらまで行きますか?
買い物ですか、デートじゃないんですか、そうですか…

・道端でコケそうになりましたが、洋パパが受け止めてくれました。
ああ、絶対受け止めてくれますね。
っつーかむしろそれを狙ってわざとコケまくってみたり。フフフ…。

・家に戻ると、洋パパと夕食の準備をする事になりました。貴女の好きなメニューだそうです。
え、待て、私も作るんですか?無理無理!
「わたくしがお作りいたしますので、どうぞお嬢様はお座りになってお待ちください。今日はお嬢様の好物でございますよ」
…と、料理の腕を披露。
洋パパは案外料理上手そうだ(少なくとも淳よりは・笑)。

・包丁で指を切った!!と思ったら・・・洋パパが舐めてくれています。
しまった…!!料理を手伝わないとこのイベントがないのか…!!

・無事に出来た夕食。執事が食べさせてくれるそうです。
「熱いのでお気をつけください。わたくしが冷まして差し上げますので…ふーっ」
…とかやりながらそのままあ~ん、というコースですか。
そうですか、もうなんだかわたしはどうしたらいいんですか…!(恍惚)

・就寝前に洋パパが貴女と一緒にいてくれるそうです。何をしますか?
日中の疲れを癒すべくマッサージなんかしていただけると嬉しいかも…(急に現実的・笑)

・洋パパが一緒に寝てくれるそうです。
や、実際洋パパみたいなでっかい人が隣で寝てたら狭いですよ…!
一人でいいですっっ…って言うか、いけませんわ、奥様がいらっしゃるのにそんな…!!(昼メロ調・笑)

・寝たふりをしていると洋パパからの囁きが。何と言っていましたか?
「お休みなさいませ、お嬢様」
どこまでも定番執事な洋パパであった。(妄想度MAX)

・最後にこのバトンを廻すお嬢様と執事のご指定を。
これはね、この最後の項目が素敵なのよ…!!ひゃっほう!(笑)

≫真緒さんにレイクウルドで!(ストレートにヴィルムさんでもいいのですが・笑、なんとなくどんな感じか気になる…!)
≫KaLさんにティグ様orコウさんで!(そりゃもうこの二人しか…!!)
≫花鶏さんにむっちゃんで!(ここは定番で!)
≫らいまさんに樹さんで!(むしろこんな執事に口説かれたい…!)

ヤバい、妄想ダダ漏れだ、誰か私を止めて…!!(爆)
…え、え~と、そんなわけで、お気が向きましたらどうぞ拾ってやってくださいませvv
スルーしていただいてもオッケーですっ☆

楽しいバトンでございました…!!(感涙)
スポンサーサイト



2008/04/28 Mon. 02:24 [edit]

Category: バトン

TB: --  /  CM: 0

top △