ホスト漫画5・6P 

更新です~☆
一枚完成させるのに4時間くらいかかりました。
背景がロクにないパロ漫画で4時間なので、本編はもうちょいかかるだろうな…(いや、本編だってロクに背景描いてな…ゲフッゴフッ)

コミスタ制作による下描きはもの凄く適当です。
アナログ制作のときは下描きしっかり描いてたんですが(そして筆圧が高いので、消しゴムかけが大変…という^^;)、子供のラクガキみたいな下描きでもちゃんとペン入れ出来るもんなんだな(核爆)。
…まぁ「やり直しがきく」というの利点を最大限活用してるからなんですが…(^^;)

…そんなわけで、次回、淳ちゃんはVIPルームのお客様とご対面!
もちろんあの方です…(笑)。


では以下制作四方山話。

とりあえず、5枚目からはまたちょっと線を太くしてみました。
といっても、Gペン描きの部分だけなので、丸ペンツールで描く髪なんかは細いままなんですが。
4枚目までよりはちょっとしっかりした画面になったかな?というものの、まだ細い線は頼りないですね…。
…というのが5枚目です。

で、先日の日記にアップしたコミスタ仕上げ版くらいの濃さの方が見やすい…というご意見もいただいたので、6枚目は濃い目にしてみました。
サイズ変更はこちらもフォトショなのですが、ちょっとした保存操作の違いで濃さが結構変わります…。

その1≫コミスタ保存(グレースケール)→フォトショ保存(RGBに変更してWEB用保存)
その2≫コミスタ(グレー)→フォトショ(グレースケールのままWEB用保存)
その3≫コミスタ(カラー)→フォトショ(RGBのままWEB用保存)

…というステップでWEB用にするんですが。
一番画面が明るくなるのがその1です。
これまでにフォトショで制作していたときも、グレースケール制作していたものを「WEB用に保存」で保存すると制作していたときより濃くなってしまうので(理由はわかりませんがそういうもんだと理解・笑)、RGBに変更してから保存してたんですが、今回も同様でその2のやり方だと保存時に濃くなっちゃうんですよね…。
フォトショ処理中に目にしてる濃さと、出来上がる濃さが違うのは気持ち悪いので(笑)、ギャップが少ないその3の方法で今回の6枚目は保存してます。

しかしそうすると、ツヤベタとか金髪線がちょっと潰れ気味になるんですよね…。

…次は丸ペン部分(髪)の線ももうちょい太くして、トーンも全体的に濃い目にして、その1の方法で保存してみようと思います。

2009/03/02 Mon. 20:14 [edit]

Category: 創作徒然

TB: --  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △