キャラ投票☆第一回中間報告 

晶「というわけで、キャラ投票の第一回中間報告だ!投票してくれたみんなサンキュー!まだまだ投票受付中だからヨロシクな!」
淳「じゃあ早速、今のところのランキングを発表します!じゃんっ!」

1位 (67pt) アリシア・マードック
2位 (12pt) 吉倉晶
3位 (10pt) 沢村淳
4位 (9pt) 遙・トンプソン
5位 (5pt) 瀬川武弘、ミラー家三男
7位 (4pt) 沢村祥子(ケティ・トンプソン)
8位 (3pt) 瀬川義武、沢村洋、シェリル・ミラー、セルマ・フォシュマン
12位 (1pt) 桐永由希、呂暁龍


淳「わ~~アリシアさんぶっちぎりトップだね!」
義武「いつもの投票とはかなり違う結果が出て面白いね」
晶「瀬川の独走にならないのは面白いが、まさかアリシアが独走するとは…!」
淳「は~い、今回の投票のポイント制について説明しときます!今回は皆さんに1位から3位まで投票していただいて、1位=5ポイント、2位=3ポイント、3位=1ポイント…で集計させていただいてます!」
晶「これには裏技があってな、ひたすら一人のキャラに投票してもいいわけだよ。そうすると最大9ポイント乗っかるわけだ。実はアリシアはこの一挙に9ポイントゲット~!!な得票が多いんだよ。っつーか、そんな一途な愛を注がれてるのはコイツだけだ!」
義武「日頃の苦労が正しく報われてるね」
晶「…何が言いたい?」
淳「それじゃちょこっとインタビュー行っておきまーす!アリシアさーん!」

アリシア「はっ、はいっっ(ビクビク)!!なんだかすみません、とんでもないことになってしまって…(汗)」
淳「そんなにビクつかなくても…(笑)晶にはいじめないように言っておきますから!」
晶「まだ中間結果だからな、いじめるのは最終シメてからだ(ニヤリ)」
アリシア「キャーーーーッ!!!」
晶「なにしろこのポイント制で投票するのは初めてだからな。この先どう転がるかわからんし…オレが淳への愛を連日投じまくればおまえをひっくり返すのは簡単だ」
義武「晶……いやもう、好きに言っててくれ…」
淳「…えっと、そんな晶が2位につけてます!」

晶「そーいや今回はあえて別枠でシェリルにも投票してもらったから、それぞれ項目分けてみた」
義武「うん、まぁ晶と博士は別人でいいんじゃないかな。あれは色々詐欺だし」
晶「…おまえ、裏でちょっと話し合おうか?」
淳「義武って結構言いたい放題言ってるよね(笑)怖いもの知らずだね」
晶「…ちょっと待て淳、怖いものってなんだ、怖いものって」
淳「え?(ドキッ)」
晶「オレはこんなにおまえを愛してるのに悲しいぞ!!というわけで現在3位は淳だ」

淳「3位です!ありがとうございます~~!」
義武「さすがに主人公だから上位につけてるね。アリシアさんが突出してるけど、実は2位以下はあんまり差がないからすぐひっくり返る可能性が高いよね」
淳「そうだね~5ポイントと1ポイントだと結構違うもん」
晶「それが今回の投票の面白いところだな。さて、すぐ下に不気味に遙が控えてるな…」

遙「まぁシェリル、不気味にってどういうことかしら?その形容についてじっくり聞かせていただきたいわ(にっこり)」
晶「いや~相変わらず清々しいほど黒いな遙!」
義武「『清々しい』と『黒い』は同居できるものなのか…?(遠い目)」
淳「よくわかんないけど遙って凄いね~」
遙「凄いといえば5位の面々じゃなくって?ちょっと予想もしないところにいるわよ?」

晶「これが今回のポイント制の恐ろしいところだな…なんと5位に瀬川の親父と兄貴がつけてる」
淳「え…ッ!?義武がお父さんに負けることがあるなんて…」
由希「許しません許しませんッッ!!そんなの断じて許さないわーーッ!!」
晶「おっと、由希ちゃん乱入(笑)」
義武「…う~ん、オレは別に1位になりたいとかは思わないけど、あの親父に負けるのはちょっとさすがに…だってあの親父だよ!?」
晶「…おまえホントに結構言いたい放題だよな(笑)」
淳「晶のお兄さんも根強いね~」
晶「うん、オレはそれが一番ビックリだな(笑)。さて続いて7位にケティだな」

祥子ママ「まぁ、忘れられてなくて嬉しいわ。ACT.16にはまだ出番がないから」
晶「さすがケティ、さりげなく藍川にプレッシャーをかけることも忘れませんね」
祥子ママ「あら、洋とは1ポイント違いなのね。今回はすぐひっくり返りそうで楽しみね。ふふふ、私は洋オンリーで投票しておかなくちゃ♪」
淳「お母さんラブラブだね(にこにこ←嬉しそう)」

義武「えっと、そんなわけで8位には4人並んでます…って、マドモアゼル・フォシュマンがもう入ってる!?あんなにボケボケなのにいいんですか!?」
遙「あら、義武くんは天然ボケがお好みなんじゃないの?(笑顔)だって…」
義武「わーーーーっっ(動揺)違いますよっ!!別に天然ボケだからとかそういうんじゃ…」
淳「??何の話?」
遙「うふふ秘密(にっこり)。義武くんって可愛いわね」
晶「……なんかわからんが、もの凄く瀬川が気の毒になってきた…」
淳「えっと、最後は今のところ1ポイントの二人だね」

由希「はい!私はこれからバンバン登場してポイント稼ぎます!打倒エレーヌ!!」
淳「由希ちゃん、残念だけど投票期間中にそこまで話が進まないかも…」
由希「なんですって!?もうっ、私の勇姿を見せるいい機会なのに…!」
義武「エレーヌとどうするつもりなんだ…由希、頼むからおとなしく…」
晶「あっはっは、由希ちゃん元気で可愛いなぁ~。で、おとなしすぎるこいつが同じく1ポイント獲得中」
暁龍「……」
淳「もう先生!ちゃんとアピールしないと!!にっこり笑えば好感度アップだよ!」
遙「そうね、笑えば女性票はもっと簡単に手に入ってよ?まぁ中には無愛想なのがお好きな方もいらっしゃるかもしれないけど、私はイケメンならどっちでも無問題だと思うわ(超笑顔)」
晶「遙…その超絶スマイルでイケメン礼賛発言はやめんか」

**************************

淳「…はい、そんなわけで現在のポイント状況でしたー!」
義武「長々とお付き合い下さりありがとうございます」
晶「あ、ちなみに、ポイントゲットしてない奴には当然座談会出場権もない!今回もサバイバル方式だからな!」
義武「遠くの方で阿部が嘆いてるな」
晶「嘆かせておけ(スパッ)」
淳「き、切り捨てた…(汗)」

義武「それでは引き続き、投票ご参加お待ちしてます」
淳「あ、一人何回投票してもいいの?」
晶「それはかまわん。今回はいつもみたいに気軽にぽちっとできる形式じゃないからな…あんな面倒なシロモノに何度も記入してくださる方を拒むつもりはない!じゃんじゃん来たまえ!」
淳「そんなわけで、よろしくお願いしまーす!えっと、次回中間報告は月末の予定です!」

2010/09/15 Wed. 01:19 [edit]

Category: キャラ座談会

TB: --  /  CM: 0

top △

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △